マトリョーシカ : 旅行 : イラストボックス

スポンサーリンク

マトリョーシカ

キーワード:
日記 TOP  >
旅行
マトリョーシカ
ロシア
民芸品
お土産
小鬼
小鬼 さん

マトリョーシカの表情をいろいろと変えたイラストをアップしました。
表情、心情にあわせ、頭巾(スカーフ)や花の色もアレンジしました。
「マトリョーシカ」で検索の上、是非見てくださいね。

中学生の頃、学校の図書館で目にした世界の写真集、その中で強く印象に残ったのが、ソビエト連邦(現ロシア)の大自然でした。
草原と山並み、勇壮な瀑布、草を食む馬たち…。
ひとめでその風景に魅せられました。

その頃のソ連はアメリカとの東西冷戦の中にあり、「鉄のカーテン」なる見えない壁に阻まれていました。
だから、ソ連へ旅行できるのはごく一部の人々に限られていました。
ただヨーロッパ旅行に赴く際の交通手段として、シベリア鉄道だけは開かれていました。
一週間を要する長旅、シベリアの凍土をただひたすら車窓に眺む毎日。
どんなだろう…とても憧れました。

クラスメートの一人が、ロシア人のおばあちゃんを持つ「クォーター」であったこと、その彼女がいつかモスクワを訪ねてみたいと話してくれたことも、当時の中学生には刺激的でした。

そんなこともあり一時期NHKのロシア語講座に熱中しました。
そこで紹介されたのが民芸品のマトリョーシカです。
胴体を開けると中からひとまわり小さなマトリョーシカが出てきました。
またその中からさらに小さなマトリョーシカが。
次から次に現れたマトリョーシカはついには10体に…。
思わず「欲しい!」と思い、テキストブックに掲載されていた東京のロシア民芸品店に注文したのです。
当時の金額で6000円くらいしたと思います。
お小遣いをはたいて購入しました。
ソ連(ロシア)を毎日身近に感じることができ、とても満足でした。
そのマトリョーシカも今は色褪せてしまいました。
でも大切に飾ってあり、彼女をモチーフにイラストを起こしました。

ところでロシア語講座ですが、アルファベットが英語に比べ若干多く、発音や文法も複雑で、結局は長続きしませんでした。
でも「こんにちは」「ありがとう」「さようなら」くらいだったら、今でも話せますよ、って誰でも話せますね…。(汗)

「ズドラーストヴィ(チェ)」「スパスィーパ」「ダスヴィダーニャ」っていうんですよ。


投稿日時:2013/09/01 13:17 コメント数:1
758eppi
758eppi さん

ロシア語か~

小鬼さんがロシア語であいさつできるとはしりませんでした~!

マトリョーシカ、兄弟がいっぱいですね(*^_^*)

コメント日時:2013/09/01 18:54
小鬼
小鬼 さん
今度マトリョーシカをお見せします。
もうかなり古いですが…。
忘れてたら、言って下さい。
1